COLUMN

コラム

ボディ(身体)

身体の陰陽のバランスを調節する食養

はじめに読むコラム

 

こちらの記事は東洋医学の「基礎」となるコラムです、より理解していただくために、まず、はじめにご覧ください。

 

 1⃣ 現代人に必要な東洋医学の知識

 2⃣ 現代医学・伝統医学・西洋医学・東洋医学「言葉の定義」

 3⃣ 日本における漢方の普及と発展

 4⃣ 中国伝統医学、中医学及び現代中医学の定義と構造

 5⃣ 中医学の特徴

 6⃣ 中医学診療の考え方

 7⃣ 代替医療・統合医療とは何のこと?

 

 

「素問」では、体内に正気を蓄え、邪気を排除し、陰陽の調和を図ることにより、病気を予防できるとされ、毎日の食事で身体を養う「食養」は、優先的・日常的に行うべきとされます。

食材や生薬には基本的な性質「五性(四気)、五味(六味)及び陰陽バランス」があり、まずはこれらを知ることが重要です。また、季節や体質などと合わせ身体のバランスの調和も求められます。

 

食材も五性五味の基本的な性質を持ちます。

 

食材の五性とは寒性、涼性、温性、熱性、平性という寒熱に関する分類を指します。

食材は中薬と同じように五性(四気)、五味の作用をもっており、身体を温める度合いによって熱性、温性、涼性、寒性、平性の5つに分類されます。

温性と熱性(温熱性)の食べ物は「身体を温める」「痛みを止める」「気と血の巡りを促す」といった作用のほか、「昇・浮(上昇·発散)」を促す傾向があり、精神を陽気にしたり、風邪や寒気を取り除く作用もあります。代表的な食材にはアジ、エビ、ショウガ、唐辛子などがあります。

寒性と涼性(寒涼性)の食材は、身体を冷やす作用のほか、毒を排除し、身体を潤す作用があります。また、降・沈(下降、下痢)を促す傾向があり、頭に上った熱を下げ、咳を止めるなど精神安定の作用もあります。代表的な食材としてはキュウリやトマト、ゴ-ヤ、アサリなど、夏に収穫する食材が多くあります。上記に属さない平性は食材の中で最も多い食材です。

 

五味

は酸味・苦味・甘味・辛味・鹹(かん)味(塩辛い味)のことで、淡味(ほぼ無味)の六味を加え、それぞれの味が違った働きをもち、五臓六腑や気・血・津液に異なる作用をもたらします。

五味は五行理論に基づく。酸味は肝に入って収斂(しゅうれん)、固渋(こじゅう)させ、苦味は心に入って解毒や燥湿、甘味は脾に入って緩和、和中させ、辛味は肺に入って気血を整え、鹹(かん)味は腎に入って堅い物を柔軟にさせる作用をもちます。淡味は脾及び五臓に入って除湿、利尿作用があります。たとえば五味子(ごみし)という生薬は、酸味が強いため、肝と肝経に入りやすい。筋肉を収斂し多汗や頻尿、下痢などを固渋(固める)させ、身体の排出機能の不調を調整します。

 

身体の陰陽のバランスを食事で保ちます

 

陰陽を調和させる食生活を行えば、気と精を補うことができ、身体の陰陽バランスが保てるという意味ですが、年齢や季節、環境の変化により身体の陰陽バランスは常に変化しているため、調節する必要があります。

たとえば暑がりの陽盛体質の人は、ハクサイやセロリ、トマトといった、清熱作用のある食材を取り入れます。反対に寒がりの陽虚体質の人は、ショウガやネギ、シシトウ、紫蘇などを用いるとよいでしょう。

また、天人合一の理論から、人間は自然と呼応しながら生活する存在であり、体内環境を自然変化に順応させて健康を保つことが肝要です。

そのため、五季(春・夏・長夏・初秋・冬)の変化への配慮が必要になります。

 

用語解説

「素問」とは中国最古の医書で秦・漢の時代に黄帝に名を借りて記されたと伝えられています。 陰陽五行・鍼灸・脈などについて、黄帝とその臣の名医岐伯との問答形式で書かれています。

 

 

参考文献:

  • 関口善太著.〈イラスト図解〉東洋医学のしくみ.日本実業出版社,2003
  • 辰巳洋著.実用中医薬膳学.東洋学術出版社,2008
  • 平馬直樹・浅川要・辰巳洋著.オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の教科書.株式会社ナツメ社,2014
  • 仙頭正四郎著.最新 カラー図解 東洋医学 基本としくみ.株式会社西東社,2019

 

 

 

 

王 暁東

王 暁東(おう きょうとう)

現職:御幸病院 漢方研究室 主任研究員

経歴

5代続く中医学医師の家庭に生まれ、幼少の頃より家族から中医学の基礎を教わる。

1993年 河北医科大学中医学院中医学部大卒
総合病院中西医結合科中医師(中医総合科医師)として勤務                       
1997年 熊本大学医学部第二生理学科に入局、脳・免疫科学の知覚生理学を専攻
2002年 熊本大学大学院医学研究科修士博士連合課程卒 
医学博士取得(西洋医学)
2016年 南京中医薬大学中医学院に入学、中医学臨床基礎・経方(漢方)医学を専攻
2019年 南京中医薬大学博士課程卒
医学博士取得(中医学)      
1999年~御幸病院および複数の医療機関に中医師・研究員・講師として勤務

学術関係および兼職

2004年~ 中国南京中医薬大学 客員教授
2005年~ アメリカ自然医学学会 自然医学療法医師
2014年~ アメリカ自然医学研究院 研究員
2017年~ 世界中医薬学会聯合会理事会 理事
2017年~ 世界自然医学会聯合総会 常務理事
2019年~ 中国河北医科大学中医学院 客員教授
2022年~ 世界中医薬学会聯合会 経方専業委員会 副会長

© Holistic Health Lab All rights reserved.