COLUMN

コラム

ボディ(身体)

東洋医学の視点から見た西洋医学の課題

はじめに読むコラム

 

こちらの記事は東洋医学の「基礎」となるコラムです、より理解していただくために、まず、はじめにご覧ください。

 

 1⃣ 現代人に必要な東洋医学の知識

 2⃣ 現代医学・伝統医学・西洋医学・東洋医学「言葉の定義」

 3⃣ 日本における漢方の普及と発展

 4⃣ 中国伝統医学、中医学及び現代中医学の定義と構造

 5⃣ 中医学の特徴

 6⃣ 中医学診療の考え方

 7⃣ 代替医療・統合医療とは何のこと?

 

東洋医学の視点から見た西洋医学の課題

 

 現代における西洋医学の発展はめざましいものがあります。

しかしながら、一方では今日の超高齢化や様々なストレスなどにより、慢性疾患、各種衰弱症、生活習慣病、心身症やストレス病など、いわゆる「現代病」が急増しています。

西洋医学は病気や個々の外見的症候の除去と生命の保全を目的に、主に病名や症状に対する治療法や処方が行われるため、これらの「現代病」に対して、十分に対応できない場合も多くなってきています。

便利さやスピード、科学的なことばかりを追い求めてきた足を休めると、いろいろな歪も見えてきます。

 

人体を解明しきれていません

 

 

最近は血圧やGOTの正常値などは一般常識となるなど、現代医学は我々の生活に密着したものとなっています。そのためか、体調が少々悪いような感じがしても、検査の結果、数値が基準内であればそれだけで安心してしまう人も多いのではないでしょうか。

しかしながら実際には、検査結果に異常が認められなくとも、患者さんが苦痛を訴えるケースが少なくありません。このような場合、西洋医学による診断や治療に頼るだけでは不十分な場合があります。

自然科学が自然現象をすべて解明できていないのと同じように、目覚ましく発展してきた西洋医学といえども人体に対して、まだまだ未解明な部分も多くあるということをしっかりと認識しておく必要があるのではないでしょうか。

 

薬品の副作用

 

 

 

 

薬品の副作用は、西洋医学がかかえる大きな歪みの一つといえます。その中には薬害問題に発展するような生命にかかわる副作用や湿疹や臓器の機能障害を引き起こす慢性的な副作用もあります。

  一方、東洋医学で使用する漢方薬にも副作用の例はありますが、この場合は使用方法の誤解に基づくものが多く、そうでない場合でも重大な事態に陥るケ―スは化学合成薬による副作用に比べれば、はるかに少ないものです。

自然の原料が100%安全とはいえないものの、合成薬と比較すると人体にやさしいのは確かであるといえます。 

 

「扶正」「食養生」「治未病」の不足

 

 

 

 

東洋医学の視点から見ると、西洋医学では慢性疾患に対して根本治療を行ったり、体質の強化を図るといった東洋医学でいう「扶正」を行うための技術開発が不足しているように感じます。

また、病後の回復期に医学的な「食養生」などの指示も不十分ではないでしょうか。

なお、症状が顕在化していない状態である「治未病」期における技術開発も不足しているように思われます。

 

*注釈:ここでいう「東洋医学」という言葉は「中国由来の伝統医学」のみを指し、「漢方医学」と近い意味を表します。また、「西洋医学」は現在、日本の病院で行われている現代医学のことを指します。

 

参考文献

  • 関口善太著.〈イラスト図解〉東洋医学のしくみ.日本実業出版社,2003
  • 安井廣迪著.医学生のための漢方医学【基礎編】.東洋学術出版社,2008
  • 平馬直樹・浅川要・辰巳洋著.オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の教科書.株式会社ナツメ社,2014

 

 

 

王 暁東

王 暁東(おう きょうとう)

現職:御幸病院 漢方研究室 主任研究員

経歴

5代続く中医学医師の家庭に生まれ、幼少の頃より家族から中医学の基礎を教わる。

1993年 河北医科大学中医学院中医学部大卒
総合病院中西医結合科中医師(中医総合科医師)として勤務                       
1997年 熊本大学医学部第二生理学科に入局、脳・免疫科学の知覚生理学を専攻
2002年 熊本大学大学院医学研究科修士博士連合課程卒 
医学博士取得(西洋医学)
2016年 南京中医薬大学中医学院に入学、中医学臨床基礎・経方(漢方)医学を専攻
2019年 南京中医薬大学博士課程卒
医学博士取得(中医学)      
1999年~御幸病院および複数の医療機関に中医師・研究員・講師として勤務

学術関係および兼職

2004年~ 中国南京中医薬大学 客員教授
2005年~ アメリカ自然医学学会 自然医学療法医師
2014年~ アメリカ自然医学研究院 研究員
2017年~ 世界中医薬学会聯合会理事会 理事
2017年~ 世界自然医学会聯合総会 常務理事
2019年~ 中国河北医科大学中医学院 客員教授
2022年~ 世界中医薬学会聯合会 経方専業委員会 副会長

© Holistic Health Lab All rights reserved.