COLUMN

コラム

マインドフルネス

瞑想を使って眠るのはアリ?〜瞑想Q&A

 

瞑想に関する質問や悩みに、医師・マインドフルネス講師である筆者がお答えするこのシリーズ。

今回は「瞑想を使って眠るのはアリ?」というご質問にお答えします。

 

今日のご質問

 

Q.

夜ベッドで瞑想をしているといつの間にか寝ているので、最近は瞑想しながら寝るようにしています。でもふと思ったのですが、瞑想を眠るために使うのはアリなのでしょうか?

 

A.

眠るために瞑想を使うのは、瞑想の本来の目的とは異なるためあまりおすすめできません。

瞑想中に眠る習慣がついてしまうと、普段の瞑想のときにも眠くなってしまう恐れがあり、もったいない気がします。

瞑想が終わってから眠るのはOKです。

 

 

瞑想しながら眠るのはもったいない

 

 

「瞑想中に眠くなってしまう…」という悩みは誰しも抱えているものです。

でもそれならと、「眠るために瞑想を使ってしまえばいいのではないか?」と考える方もいらっしゃるようです。

しかし、あくまで私の考えですが、瞑想しながら眠りにつくのはもったいないです。

瞑想を行うことで養われる能力は多岐にわたります。

注意をコントロールする力、物事を色眼鏡なしに捉える観察力、そして他者や自分に対する思いやりの気持ち……。瞑想を通じてこれらを総合的に培うことで、次第に「困難の中でも心穏やかに生きる」ことができる状態に近づいていきます。

これらの恩恵を得るためには、覚醒した状態で瞑想を行うことが大切になってきます。瞑想中に眠る習慣をつけてしまうと、普段の瞑想でも眠気が起こりやすくなり、これらの恩恵が十分に得られない可能性があります。

 

瞑想が終わってから眠るのはOK

 

「瞑想が終わるとスッキリして、眠りにつきやすい」という方もいらっしゃいます。寝る前に瞑想をして、それから眠りにつくのは全く問題ありません。

 

 

ここで言いたいのはあくまで、瞑想中に眠る習慣をつけるのはもったいないということです。

「とは言っても、瞑想してると眠くなる…」という方、瞑想中の眠気への対処法についてはこちらの記事 瞑想中の「眠気」への対処法 ~瞑想Q&A~」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

 

まとめ

 

今日は瞑想を使って眠ることはアリなのか?という質問にお答えしました。瞑想の恩恵を最大限得るためにも、瞑想中は眠らないように工夫したいですね^^

 

植田 真史

植田 真史(うえだ まさし)

みゆきの里顧問
医師・マインドフルネス講師

米国Brown大学認定マインドフルネスストレス低減法(MBSR)講師
Home of Mindfulness代表
現代マインドフルネスセンター副代表

眼科医だった頃にうつ病に悩まされたが、マインドフルネスとの出会いをきっかけに快復。
その際の経験から精神科医に転向し、渡米してマインドフルネスの講師資格を取得。
病院外にも目を向けてマインドフルネスの普及活動に取り組んでいる。

© Holistic Health Lab All rights reserved.