HOLISTIC HEALTH JOURNAL

ホリスティックヘルス ジャーナル

セルフケア

40分間のマインドフルヨガ(立位) 〜ガイド動画付き〜

 
 
心がソワソワして落ち着かない…
身体がいつもなんとなく疲れている…
そんなお悩みはありませんか?
 
今回の記事では、心の落ち着かせ、身体の疲れの解消効果も期待できる「マインドフルヨガ」を紹介します。
 
今回は40分と長めのガイド動画を付けています。立った姿勢が中心となる「立位のマインドフルヨガ」です。
この長さは、マインドフルネスの普及の先駆けとなったスタンダードなプログラムである「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」で行われるのと同じ長さです。少しゆっくり時間をとって、心と身体の状態をリセットしたいときにぜひやってみてくださいね!
 
立位のマインドフルヨガについては、過去に短めの動画もご紹介していますので、長い時間が取れない場合には、以下もご利用ください。
 
 
 
 
 
 
 

マインドフルヨガの目的と留意点

 
 
このヨガの目的は綺麗なポーズを取ったり、身体を柔らかくしたりすることではなく、動きに伴う身体の感覚を感じとることです。身体の感覚を感じとることで心身の一体化が促進し、リラックス効果が期待できます。
ポーズをとるにあたっては、以下のことに留意してください。
・痛みがある場合には無理をせずにポーズの途中までで止める
・ポーズ自体が難しい場合にはポーズをとっているところをイメージするだけでも大丈夫
・「うまくできない」という思いが浮かんでも、自分を責めずに今の身体の感覚に戻る
 
 
 
 
 
 
 

今回のヨガのポーズ

 
 
 
動画中でも実演しながらガイドしておりますが、参考にポーズの図を掲載します。
 
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
いかがだったでしょうか。普段私たちは身体に感覚があるということを忘れがちですが、ときには時間をとって身体の感覚と対話をすることも大切です。身体が本来の機能を取り戻し、心もスッキリすることができます。
 
植田 真史

植田 真史(うえだ まさし)

みゆきの里顧問
医師・マインドフルネス講師

米国Brown大学認定マインドフルネスストレス低減法(MBSR)講師
Home of Mindfulness代表
現代マインドフルネスセンター副代表

眼科医だった頃にうつ病に悩まされたが、マインドフルネスとの出会いをきっかけに快復。
その際の経験から精神科医に転向し、渡米してマインドフルネスの講師資格を取得。
病院外にも目を向けてマインドフルネスの普及活動に取り組んでいる。

© Holistic Health Lab All rights reserved.